スマートフォン用ページはこちら

三宮 神戸元町エリアで虫歯治療を行う歯医者(歯科)をお探しなら「船曳歯科」で痛みの少ない虫歯治療を

一般歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント / 全室個室診療・急患随時受付・土曜診療
078-331-1103

三宮 神戸元町で虫歯治療なら│三宮 神戸元町で虫歯治療が評判の歯医者(歯科)

虫歯、歯周病、入れ歯など一般的な歯科治療を行います。痛い歯や気になる部位のみを治療するのではなく、その症状が出た背景に視野を広げることが重要と考えます。例えば、「詰め物の下に虫歯ができた。」という症状でも、
・かみ合わせ
・詰め物の状態
・歯ぎしりの有無
・お口の清掃状態
・習慣的飲食物の取り方、種類
など様々な要因が考えられます。せっかく治療した歯が、再び虫歯にならないためにも、原因を突き止め、良い状態を維持していくことが大切です。

虫歯治療

虫歯の治療は進行具合によって大きく3つの段階があります。加えて虫歯の深さによって、歯の神経を取る、取らないといった判断も行います。小さな虫歯であればより簡単な治療で修復することができます。早期発見のためにも定期的なお口のメンテナンスをお勧めします。

1.小さな虫歯を削って樹脂を詰める

小さな虫歯は、削った穴を樹脂などで塞げば治療が終わります。型をとる必要もありませんので、治療が1回で済み、通院の負担がかかりません。

2.中程度の虫歯を削って樹脂や金属をはめ込む

中程度に進行した虫歯治療は少し深く削ることになります。樹脂を詰めるだけでは塞ぐことができない場合、歯の型を取って、虫歯を削った部分と同じ形の詰め物(インレー)を作ります。樹脂(レジン)やセラミック、金属などが使用されます。

3.進行した虫歯を削って金属やセラミックを被せる

大きな虫歯や深い虫歯の場合やかみ合わせの状態によっては、詰め物ではなく、被せ物(クラウン)治療となる場合が多くなります。治療には数回通う必要があります。

歯周病とは?

general-01

歯周病とは、口の中にいる歯周病菌により顎の骨が溶かされる病気で「歯槽膿漏」とも呼ばれています。初期状態では歯ぐきに炎症が起こり、腫れや出血があります。悪化すると膿みが出てきて、歯を支えてる顎骨が溶けていきます。最終的には歯を支えることができなくなり、抜けてしまいます。日本人では30歳以上の約80%、40歳以上だと90%以上の方が歯周病にかかっているといわれ、歯が失われる原因の第1位になっています。歯周病はかなり進行しないと症状が出ないので、早いうちの治療が大切です。

PMTCによる歯周病予防

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは歯科医師、歯科衛生士が専用の機械を使用して通常の歯磨きでは落とせない汚れや細菌のかたまり(プラーク)を除去する施術です。歯の表面を軽く研磨し、フッ素を添付します。患者さんが毎日のケアで清掃困難な部位を重点的に清掃・研磨していくことで、虫歯や歯周病を抑制する効果的なテクニックです。>>PMTCの流れ

神戸・元町の歯科 船曳歯科ページ上部へ戻る

三宮とは

三宮は、第二次世界大戦後神戸市の中心街になった地域であり、JR、阪神電鉄、阪急電鉄、神戸市営地下鉄、ポートライナーが入る三宮駅を中心に、繁華街として商業施設が立ち並んでいる。「三宮」という地名は、三宮のトアロードと三宮の花時計線の交差点北東にある三宮神社(生田神社の三の宮)の所在地を意味する。

神戸元町とは

神戸元町は、東京・銀座、大阪・心斎橋などと共に、老舗が並ぶ名門高級商店街である元町商店街として知られる。神戸元町は、東に連続する三宮、西に連続する神戸とともに、神戸及び神戸都市圏の都心地域(中心業務地区)を構成する繁華街、官公庁街であり、神戸都市部における観光の拠点の一つでもある。神戸元町は、JRと神戸高速鉄道の高架が元町商店街と東西方向に並行して走って、神戸元町の地区を大まかに二分しており、神戸元町の北部は主に官公庁・住宅地、南部は商業・観光地となっている。

COPYRIGHT © 2017 三宮 神戸元町で口コミNO1の歯医者(歯科)│船曳歯科 | ALL RIGHTS RESERVED.