スマートフォン用ページはこちら

三宮 神戸元町エリアの歯医者(歯科)の「船曳歯科」で行う治療の流れ

一般歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント / 全室個室診療・急患随時受付・土曜診療
078-331-1103

三宮 神戸元町で評判の歯医者(歯科)│船曳歯科の治療の流れ

初診から、治療後のメンテナンスまでの流れをご説明いたします。船曳歯科医院はコミュニケーションを重視し、患者さんとともに「健康なお口」をつくっていけるように細やかな診療を行っております。ご不明な点がございましたら、お電話にてお気軽にご相談ください。

1.主訴の解決(応急処置)

来院のきっかけとなった「痛み」や「違和感」などの発症時期や症状を確認し、できる限り取り除きます。

2.検査

レントゲン写真、むし歯の検査などを行います。主訴以外に今まで気が付かなかった異常を発見し、計画的に治療を進めることができます。

3.カウンセリング

口腔内写真やレントゲンフィルムを使い、現在のお口の状態を知っていただき、健康なお口の状態に向かうために必要な治療時間と費用について話し合います。

4.プラークコントロール

虫歯や歯周病の主な原因はプラーク(歯石・歯垢)であることを理解していただき、プラークコントロールを始めます。

5.治療

虫歯や歯周病などの治療を本格的に開始します。安心して受けられる痛みの少ない治療を心掛けています。

6.メンテナンス

治療が終わってからが新たなスタートです。手に入れた健康なお口を定期検診を通して維持していきます。再び治療とならないために、PMTCなどの定期的なメンテナンスを行います。
>>PMTCの流れはこちら

神戸・元町の歯科 船曳歯科ページ上部へ戻る

三宮とは

三宮は、第二次世界大戦後神戸市の中心街になった地域であり、JR、阪神電鉄、阪急電鉄、神戸市営地下鉄、ポートライナーが入る三宮駅を中心に、繁華街として商業施設が立ち並んでいる。「三宮」という地名は、三宮のトアロードと三宮の花時計線の交差点北東にある三宮神社(生田神社の三の宮)の所在地を意味する。

神戸元町とは

神戸元町は、東京・銀座、大阪・心斎橋などと共に、老舗が並ぶ名門高級商店街である元町商店街として知られる。神戸元町は、東に連続する三宮、西に連続する神戸とともに、神戸及び神戸都市圏の都心地域(中心業務地区)を構成する繁華街、官公庁街であり、神戸都市部における観光の拠点の一つでもある。神戸元町は、JRと神戸高速鉄道の高架が元町商店街と東西方向に並行して走って、神戸元町の地区を大まかに二分しており、神戸元町の北部は主に官公庁・住宅地、南部は商業・観光地となっている。

COPYRIGHT © 2017 三宮 神戸元町で口コミNO1の歯医者(歯科)│船曳歯科 | ALL RIGHTS RESERVED.