スマートフォン用ページはこちら

神戸・元町の船曳歯科 歯のお話

一般歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント / 全室個室診療・急患随時受付・土曜診療
078-331-1103

歯のお話

あまり知らない!?虫歯のこと

突然、歯が痛くなる虫歯。なぜ虫歯になるの?どんな治療をされるの?意外と理解している人は、少ないようです。原因と治療方法、そして予防方法について説明します。

あまり知らない!?歯周病のこと

歯周病はよくあるお口の病気の一つ。放置しておくと全身への影響がでることもあります。歯周病の主な原因と症状をまとめました。歯の痛みや出血などの症状にお悩みの方に。

その他の病気について知りたい

口内炎

口内炎は、虫歯ほど頻度は高くありませんが、なりやすい人と、なりにくい人に分かれます。原因は不明のことが多く、歯以外の舌や粘膜などに好発します。歯に触れたり、食事の際に痛みを伴ったり、ちょっとした刺激が痛みにつながるのが特徴です。

智歯周囲炎

いわゆる「親知らず」の周りの歯ぐきが腫れた状態のことです。歯並びの最も奥の部分が、違和感とともに腫れ、出血や膿が出ることもあります。20代から始まり歯のある限り繰り返されるケースでは、抜歯が必要となりますが、一度抜いてしまえば、その後の再発はありません。

顎関節症

耳の前方にあるあごの関節の動きがスムーズに動かないために、あごが開かなくなったり、痛くなったりする病気です。また、耳の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛や首、肩のこり等の症状がある場合もあります。

知覚過敏

虫歯もないのに歯と歯ぐきの境目を中心に、冷たい水などがしみる状態です。歯の根元付近は、内部の象牙質が露出しやすく、歯の神経が敏感に反応しやすいポイントです。

神戸・元町の歯科 船曳歯科ページ上部へ戻る

三宮とは

三宮は、第二次世界大戦後神戸市の中心街になった地域であり、JR、阪神電鉄、阪急電鉄、神戸市営地下鉄、ポートライナーが入る三宮駅を中心に、繁華街として商業施設が立ち並んでいる。「三宮」という地名は、三宮のトアロードと三宮の花時計線の交差点北東にある三宮神社(生田神社の三の宮)の所在地を意味する。

神戸元町とは

神戸元町は、東京・銀座、大阪・心斎橋などと共に、老舗が並ぶ名門高級商店街である元町商店街として知られる。神戸元町は、東に連続する三宮、西に連続する神戸とともに、神戸及び神戸都市圏の都心地域(中心業務地区)を構成する繁華街、官公庁街であり、神戸都市部における観光の拠点の一つでもある。神戸元町は、JRと神戸高速鉄道の高架が元町商店街と東西方向に並行して走って、神戸元町の地区を大まかに二分しており、神戸元町の北部は主に官公庁・住宅地、南部は商業・観光地となっている。

COPYRIGHT © 2017 三宮 神戸元町で口コミNO1の歯医者(歯科)│船曳歯科 | ALL RIGHTS RESERVED.